オフィスホワイトニング

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホワイトニングの種類の1つとしてオフィスホワイトニングというものがあります。

こちらは歯科医院でホワイトニングを行うというものです。変色している歯に対して薬品を1本ずつ塗布していきます。こうすることで漂白していきます。

治療中オフィスホワイトニングでは神経のある歯と神経のない歯でそれぞれ方法が異なっています。神経のある歯に対しては、過酸化水素を含む薬剤を表面に塗って、そこに光やレーザーを当てることによって薬を活性化させます。これによって漂白効果を高めることができます。

神経のない歯に対しては、黒っぽく変色していることがあります。これを戻すための方法としてウォーキングブリーチという技術があります。こちらは特別な薬剤を使い、歯の裏側に穴を開けてそこから入れてふたをします。これによって歯を白くすることができるのです。

オフィスホワイトニングは自分でホワイトニングをする必要がないというのはメリットとなるでしょう。また、オフィスホワイトニングにもいろいろな技術が存在しています。それぞれのクリニックごとに採用している技術や機器が異なることがあるため、しっかりと説明を聞いておくことをおすすめします。そうすればトラブルを避けられるでしょう。


関連記事

ホワイトニングとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

審美歯科という分野があります。こちらは歯を美しくきれいに見せることを目指した歯科のことです。歯の綺麗さというのは重要なものです。そのための技術としてホワイトニングというものが生まれました。

アメリカで誕生したのがホワイトニングという技術です。こちらは歯そのものを白く見せるための技術となっています。歯の表面を傷つけてしまうことはありません。そのため、安心して施術を受けることができるのです。

施術の方法としては歯の表面の汚れを落として、そちらにホワイトニング剤を塗るのです。こうすることによって、歯を白く見せられるようになります。こちらの技術はどんどん発展しています。かつてはブリーチングと呼ばれていたのですが、今ではより実際の意味に近いホワイトニングという用語の方が使われることが多くなっているのです。

歯日本人というのは元々歯は黄色い方が多いでしょう。そのため、自分の歯の色にコンプレックスを抱いている方もいます。歯といえば白いものというイメージが強く、それに憧れている方はたくさんいるのです。このような歯の悩みを解決するためにも役に立つものがホワイトニングという技術なのです。こちらを上手く活用することによって、歯はキレイな白色になります。

こちらではそんなホワイトニングの種類について解説しましょう。ホワイトニングにはいろいろな種類が存在しているのです。それぞれの違いを理解して、自分に合った方法を選択することをおすすめします。違いを理解してください。


関連記事