知っておくべきこと

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

白ホワイトニングについて気になることはたくさんあるでしょう。まず痛みについてですが、こちらはほとんどありません。そもそも、ホワイトニングというのは痛みを感じないで歯を白くするために考えられた方法なのです。麻酔を使うことはなく、歯を削るようなこともありません。ただし、歯の質というのは個人差があります。知覚過敏の方もいるため、この場合は痛みを感じてしまう可能性もあるでしょう。痛みについては薬を使うために多少感じることはあります。ただし、それは一過性のものとなっているため、基本的には問題ありません。もし強い痛みが続くならば、検査をしてもらい、痛み止めを処方してもらうと良いでしょう。

ホワイトニングの効果がどのくらい持続するのか気になる方は多いでしょう。こちらは一生続くわけではありません。基本的には半年から1年ほどで効果がなくなってしまいます。その理由としては歯がどんどん着色してしまうからです。お茶やコーヒー、タバコなどの影響があります。そのため、定期的にクリーニングをしてもらったり、ホワイトニングを受ける必要があるのです。

また、差し歯を白くすることはできません。ホワイトニングの薬が作用するのは生きている歯に対してのみなのです。


関連記事