オフィスホワイトニング

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホワイトニングの種類の1つとしてオフィスホワイトニングというものがあります。

こちらは歯科医院でホワイトニングを行うというものです。変色している歯に対して薬品を1本ずつ塗布していきます。こうすることで漂白していきます。

治療中オフィスホワイトニングでは神経のある歯と神経のない歯でそれぞれ方法が異なっています。神経のある歯に対しては、過酸化水素を含む薬剤を表面に塗って、そこに光やレーザーを当てることによって薬を活性化させます。これによって漂白効果を高めることができます。

神経のない歯に対しては、黒っぽく変色していることがあります。これを戻すための方法としてウォーキングブリーチという技術があります。こちらは特別な薬剤を使い、歯の裏側に穴を開けてそこから入れてふたをします。これによって歯を白くすることができるのです。

オフィスホワイトニングは自分でホワイトニングをする必要がないというのはメリットとなるでしょう。また、オフィスホワイトニングにもいろいろな技術が存在しています。それぞれのクリニックごとに採用している技術や機器が異なることがあるため、しっかりと説明を聞いておくことをおすすめします。そうすればトラブルを避けられるでしょう。


関連記事